田﨑創平 准教授

TASAKI Sohei

数理科学系

所属
大学院理学研究院
研究分野
数理生命科学, 微生物学, 数理物理学, 応用数学
キーワード
数理モデリング, データ同化, 形態形成, 自己組織化, 集団運動, 枯草菌, コロニーパターン, バイオフィルム

研究概要

研究内容

生命の複雑な構造の自己組織化の動態や高度な機能を理解するためには、生物学、化学、物理学、情報科学、数学をはじめとする様々な学問分野を跨ぐだけでなく、研究対象の時空間階層を貫く、縦横無尽なアプローチが力を発揮すると私は考えます。細胞状態を制御する遺伝子レベルの調節、細胞間の相互作用に依存する細胞集団運動、細胞集団・組織の微視的構造および巨視的形態、周囲環境との相互作用など、複数の階層をマルチスケールに捉えて解析していくことが重要です。私はそれぞれの階層やそれらの結びつきの数理モデルを実験データに合わせて構築します。その一方で、新規開発のデータ分析手法により、高次元の生命科学データから必要な情報を抽出します。そして、それらの数理モデルと抽出データを融合し、モデル進化と理論深化を試みます。以上を循環させる新しい数理解析と最新鋭の生命科学の融合的手法によって、生命の理解、予測、制御のパラダイムシフトを目指します。

主要論文

  • S. Tasaki, M. Nakayama, W. Shoji, Morphologies of Bacillus subtilis communities responding to environmental variation, Development, Growth & Differentiation 59(5) (2017), 369-378.
  • S. Tasaki, M. Nakayama, W. Shoji, Self-organization of bacterial communities against environmental pH variation: Controlled chemotactic motility arranges cell population structures in biofilms, PLoS ONE 12(3) (2017), e0173195.
  • S. Tasaki, Phase-separating elastic system of mixed lipid bilayers, Physica D 246 (2013), 23-38.

研究者総覧

https://researchers.general.hokudai.ac.jp/profile/ja.17c54a21e68415ed520e17560c007669.html

連絡先

tasaki(at)math.sci.hokudai.ac.jp

学生へのひとこと

数学のあり方は多様です。数学は学問であり、言語であり、道具であり、文化です。柔軟に付き合い方を変えるのが良いと思っています。