洞彰人 教授

HORA Akihito

解析系

所属
大学院理学研究院
研究分野
確率論, 関数解析
キーワード
極限定理, 漸近的表現論, 非可換調和解析

研究内容

確率論と群の表現論の境界あたりを酔歩しています。ナビゲーターは測度の概念ですが、つい寄り道をしてしまうのが酔歩たる所以です。
有限と無限の橋渡しのようなことに興味があります。現在最も関心を持っているのは、巨大な群の作用がうみだす確率論的な現象の解析です。

主要論文/主要著書

  • A. Hora: A diffusive limit for the profiles of random Young diagrams by way of free probability,
    Publ. RIMS Kyoto Univ. 51 (2015), 691–708.
  • A. Hora, T. Hirai: Harmonic functions on the branching graph associated with the infinite wreath product of a compact group,
    Kyoto Journal of Mathematics 54 (2014), 775–817.
  • A. Hora: The limit shape problem for ensembles of Young diagrams,
    SpringerBriefs in Mathematical Physics 17, Springer, 2016, ix+73pp.
  • A. Hora, N. Obata: Quantum probability and spectral analysis of graphs,
    Theoretical and Mathematical Physics, Springer, Berlin, 2007, xviii+371pp.

研究者総覧

https://researchers.general.hokudai.ac.jp/profile/ja.9a6090d45d27d76d520e17560c007669.html

個人のWebPage

http://www.math.sci.hokudai.ac.jp/~hora/

連絡先

hora(at)math.sci.hokudai.ac.jp

学生へのひとこと

いつも心に数学を。