2020ハルトプライズ地域予選(メルボルン)理学部2年生が出場!(生物科学科(高分子機能学)2 石川結女さん、地球惑星科学科2 平田 憲さん)

生物科学科(高分子機能学)2年 石川結女さん、地球惑星科学科2年 平田 憲さん

4月17日・18日にオーストラリア:メルボルンで行われる2020年のハルトプライズ地域予選に理学部の学生が北大代表チームのひとつとして出場します。
石川結女さん(高分子機能学:2年)と平田 憲さん(地球惑星科学科:2年)は学部2年生4人で構成したチーム「Sophos(ソフォス)」でフードロスをなくすビジネスプランを構築、企業など専門家の元へ行って意見交換をしたりと、より良いビジネスとなるよう努力しています。

Sophosとは

チーム名の「Sophos」は2年生を意味する英語の「Sophomore」、賢者を意味するギリシャ語「σοφός(ソフォス)」を合わせた造語です。学部2年生4人で知恵を出し合ってやっていこうという思いが込められています。メンバーは元からお互い顔見知りで、気心が知れた間柄です。
また、平田さんは前年のハルトプライズにも参加しましたが、専門を持つ大学院生と自由に発言する学部生、そして留学生の組み合わせで、意思の疎通やチームとしての一体感が思うようにいかなかった経験があります。そこで、今回は学部生の仲間だけでやってみようと思い、実際に今回の北大予選では唯一の学部生チームでした。

石川結女さん

「地球にいいことをしよう」という今年度の大きなテーマの下で、自分たちはまだ専門が定まりきっていないからこそ、とっつきやすい食べ物でやってみるのがいいのではないかと思い、Sophosはスタートしました。アイディア出しを経て「フードロスをなくそう」とテーマを定めてみたものの、フードロスについて調べれば調べるほど、色々な事がやりつくされていて、自分たちでは何もできないのではと思ったり、フードロスもたくさんの種類がある中で、どのロスについて扱えばいいのかと途方に暮れてしまったこともあったそうです。最終的にいかに自分たちが関われるか、できるかを考えた時に家庭からのフードロスをなくすのがいいのではというところに落ち着き、スマートフォンを使ったフードロスを減らすアプリの開発を始めました。

平田 憲さん

メルボルンでの地域予選に向けて

石川さん:「もったいない」を減らします!
平田さん:全員学部2年生でリソースは限られていますが、このままの勢いで進んで、いい成績をおさめたいです!
と意気込みを語ってくれました。地域予選に挑む理学部生とチームの応援をお願いします。

Sophosのwebサイトはこちら

Sophosメンバー:左から平田 憲さん、寺本えりかさん(文学部)、石川結女さん、清水嘉人さん(農学部)

LATEST TOPICS