入学から卒業まで

入学から学部・学科への移行まで

全ての学生は,入学後,1年次の間,「総合教育部」に所属します。1年次の教育は,入試の形態にかかわらず,文系と理系の2種類を基本とします。1年次の学生を50名程度のクラスに分け,各クラス担任及び副担任を1名ずつ配置します。またラーニングサポート室を設置し,1年次の学生に対する充実した進路指導体制を整えています。

「総合入試」による入学者は,入学後に2年次以降の所属学部・学科等を決めることになります。1年次の成績確定後,本人の希望並びに習得した単位の評価により移行先の学部を決定します。なお,学部別入試及びAO入試等により入学した学生は,2年次以降,合格した学部・学科等に進級します。

総合入試の文系・理系で入学した学生の学部移行に際しては,一定の人数制限のもと,それぞれ他系の学部への移行が可能です。

学科での3年間

理学部共通科目,学科の専門科目を履修します。各学科の卒業までの流れについては以下のページを参照してください。