新型コロナウイルス対する対応:行動指針レベルへの引き下げについて

開催日

2020710
-
2020831

2020713

 

北海道大学理学部生の皆さんへ

 

理学部長 堀口 健雄

 

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止のために理学部生の皆さんには来学の自粛など様々な面でご協力いただきありがとうございます。さて,この度,北海道大学では,本学の新型コロナウイルス感染防止のための行動指針(BCP)をレベル2(制限・中)からレベル1(制限・小)に引き下げました。

https://www.hokudai.ac.jp/covid-19/

これに関連して,6月2日発信の皆さんへのメッセージにかえて,理学部として当面の間,以下の対応を行うものとします。

 

1.  現在,道外に滞在中の方

□    北海道大学は,北海道の「新型コロナウイルス感染症対策に関する基本方針」がステップ3に移行した場合(710日を想定),今後の対面授業などの開始に備えて,学生諸君の通学圏内への移動を求めています(6月26日付け通知)。実際に710日付けでステップ3への移行が発表されました。本学の方針に合わせ,理学部からも学生諸君の通学圏への移動をお願いします。なお,帰省先等から札幌に戻る際には,感染防止に十分留意して慎重におこなうようにしてください。

□    今般,制限がレベル1に下がった事により,学科によっては,感染防止対策を徹底した上での,対面形式による実習・実験・演習,あるいは試験等を実施する可能性があります。そのような対面での授業等を実施する予定がある場合には,各学科から皆さん宛に連絡があります。通学圏への移動がそれに間に合わない場合などは,個別に学科の担当教員と相談してください。

 

2.  大学キャンパスへの来訪について

□    理学部の建物については,総合博物館の入館規制との関係で,終日施錠する建物(2号館,5号館)と昼間の時間帯は入口を開放する建物があります(2,5号館以外)。2,5号館への入館が必要な場合には学生証を用いて解錠してください。

□    理学部の建物へは,卒業研究,授業など教育研究活動への参加以外の目的では入館できません。

理学部館内での滞在時間は必要最小限になるように努め,入館後は三密を避けるように行動してください。

 

3.  感染防止対策について

□ 入館にあたっては以下の感染防止対策を遵守してください。

・   発熱等の風邪症状が見られるときは入館しないでください。

・   館内では常にマスクを着用するようお願いします(マスクは各自用意して下さい)。

・   入館中は,手洗い・手指の消毒,咳エチケットに努めてください。

・   入館中は,授業時,休憩時等の区別なく,3密(密閉,密集,密接)を避けるよう行動してください。

 

4.  レベル1における授業について

□    所属学科から特段の指示が無い限り,学部の2年生,3年生,4年生は,在宅でオンライン授業等に出席してください。

□    第1学期中は,原則全ての講義はオンラインで実施します。一部で対面での講義,試験,演習・実験・実習等が実施される可能性があります。所属学科からの指示に従ってください。

□    対面で実施する全ての授業では,必ずマスクを着用してください。ただし,健康上の理由等でマスクを着用出来ない事情がある者は各授業の担当教員にその旨申し出てください(マスク以外の咳エチケット励行をお願いします)。

□    三密回避のため,WiFi使用の目的での教室等の開放はしません。自宅等でオンライン授業に参加したために午後からの実習等の対面授業に間に合わない事態が生じそうな場合には,学科の担当者と相談してください。

□    WiFi環境が整っていない学生諸君に対しては,理学部としてWiFiルーターを貸し出す用意があります。該当者は,教務担当(rkyo1(at)sci.hokudai.ac.jp)に相談してください。

□    卒業研究をおこなう学部4年生は指導教員の指導の下,感染防止に十分留意した上で,研究を実施してください。

□    期末試験に関しては,講義室の収容人数に制限のある中(収容定員の50%以下),教室の確保が難しいことから,1学期終了後に試験週間を設ける可能性があります。決まり次第お知らせしますので,理学情報システム,ELMS等をチェックしてください。

□ 授業に関するお知らせは,理学情報システム(3,4年次対象),ELMS (2年次対象)を通じてお知らせしますので定期的にチェックしてください。

理学情報システム https://www.sci.hokudai.ac.jp/jimu_renraku/

ELMS https://www.hokudai.ac.jp/gakusei/instruction-info/elms/

 

5. 学修・大学生活に関する質問など

□  学修や各種手続き等に関する質問がありましたら,教務担当までメール(rkyo1(at)sci.hokudai.ac.jp)で問い合わせてください。メールでの対応を原則とします。

□  教務担当窓口への訪問が必要な場合には,窓口で指示される感染防止ルールに従って行動して下さい。

 

6.学生生活相談室について

□  理学部には学生生活相談室が設置されています。臨床心理士のカウンセラーが相談に乗ってくれます。レベル1においても,レベル2と同様,基本的にはメールまたは電話による相談とします。ただしカウンセラーの判断で,対面での相談を実施する場合があります。心配や不安な事などがあれば,気軽にメール(nayami(at)sci.hokudai.ac.jp)で,電話相談の予約をおこなってください。メールだけでの相談も受け付けています。詳細は,https://www2.sci.hokudai.ac.jp/counseling#ss01をご覧ください。

 

大学における新型コロナウイルスの感染拡大防止措置に関しては,今までの皆さんのご協力に改めて感謝します。最近の北海道では感染者数が減少気味であることから,気持ちは緩みがちになるかもしれませんが,他の都府県の現状などを見るとまだまだ安心できる状況ではありません。感染防止のためにどのような行動が適切なのか各自合理的に判断していただけるものと思います。「うつらない」・「うつさない」ための行動を引き続きお願いします。どうぞ健康には気をつけて毎日を過ごしてください。