BCPレベルへの引き下げに伴う理学部授業の実施等について

開催日

2021621
-
202186

2021年6月21日

北海道大学理学部生の皆さんへ

理学部長 網塚 浩

北海道全域を対象とした緊急事態宣言が6月20日(日)をもって解除となり,札幌市においては,まん延防止等重点措置が適用されることとなりました。これに伴い本学では,6月21日(月)より行動指針(BCP)が「レベル3(制限大)」から「レベル2(制限中)」に引き下げられました。

https://www.hokudai.ac.jp/covid-19/

これを受けて,理学部として当面の間,以下の対応を行います。

 

1.大学キャンパスへの来訪について

  • 一部の授業(講義・演習・実験・実習)および試験は対面で行われる場合があります。これらへの出席等を除き,不要不急の大学キャンパスへの来訪は控えてください。
  • 理学部の建物は,これまで通り2号館と5号館は施錠(学生証で解錠),その他の建物の入口に関しては昼間の時間帯は開放しています。
  • 理学部館内での滞在時間は必要最小限になるように努め,入館後は研究室または実験・実習等の行われる教室や実験室等に直行してください。
  • 授業等が終わったら速やかに退出してください。
  • 授業等への出席目的以外で理学部の建物を使用することはできません。

 

2.感染防止対策について

入館にあたっては以下の感染防止対策を遵守してください。

  • 発熱等の風邪症状が見られるときは登校せず,授業担当教員または教務担当へ連絡してください(「6.」も参照の事)。また,熱が下がってもすぐには登校せず,数日間は経過観察をおこなってください。
  • 自分の健康状態を把握するため,毎日検温し,記録してください(携帯アプリ「健康日記」か,大学所定の「健康チェックシート」を利用のこと)。必要に応じてその記録を提出していただく場合があります。
    健康チェックシート
    https://www.hokudai.ac.jp/gakusei/healthchecksheet.pdf
  • 館内では常にマスク(感染防止効果の高い不織布製を推奨)を着用してください(マスクは各自で用意)。
  • 入館中は,手洗い・手指の消毒,咳エチケットに努めてください。
  • 入館中は,授業時,休憩時等の区別なく,3密(密閉,密集,密接)を避けて行動してください。
  • 複数人による食事は避けるようにしてください。
  • 各自,接触確認アプリ「COCOA」をインストールすることを強く推奨します。

新型コロナウイルスの感染拡大の一番の原因は「飛沫感染」です。飲み会やカラオケ,友人宅での会食など,飛沫を浴びやすい行動は厳に謹んでください。マスクを外しての会話はもとより,マスクをしていても密な環境でかつ大声で会話するなどの行為は避けるなど,常に感染リスクを意識して行動してください。

 

3.レベル2における授業について

  • 授業(講義・演習・実験・実習)および試験については,一部対面で実施するものがあります。個々の授業に関しては,担当教員の指示に従ってください。
  • 対面での授業に出席する際には,必ずマスクを着用し,手指の消毒や手洗いをこまめに行うなど,感染防止対策を徹底してください。
  • 大学のWi-Fi環境を使ってオンライン授業(講義)を受講することを原則,禁止します。Wi-Fi 環境が整っていない場合には,Wi-Fiルーターおよびタブレット端末を貸し出す用意があります。教務担当(rkyo1(at)sci.hokudai.ac.jp)に相談してください。
  • 卒業研究を行う学部4年生あるいは研究室配属が決定済の3 年生に関しては,大学院生に準じて,指導教員の指導の下,かつ本人の同意のある場合,必要最小限度の時間の立ち入りを可としています。研究活動に関しては,指導教員の先生とよく相談の上,実施してください。
  • 授業に関するお知らせは,理学情報システムとELMS を通じてお知らせしますので定期的にチェックしてください。
    理学情報システム https://www.sci.hokudai.ac.jp/jimu_renraku/
    ELMS https://www.hokudai.ac.jp/gakusei/instruction-info/elms/

 

4.学修・大学生活に関する質問など

  • レベル2においても,原則,理学部の教務担当事務室の窓口は閉鎖しています。学修や各種手続き等に関する質問がありましたら,教務担当までメール(rkyo1(at)sci.hokudai.ac.jp)で問い合わせてください。
  • 学修・大学生活に関する情報は,理学情報システムを通じてお知らせしますので定期的にチェックしてください。ただし,緊急の用件がある場合には,遠慮無く窓口に来て下さい。

 

5.学生生活相談室について

  • 理学部には学生生活相談室が設置されています。現在は,感染防止の観点から,対面ではなく,メール相談または電話相談を実施しています。臨床心理士のカウンセラーが相談に乗ってくれます。心配や不安な事などがあれば,気軽にメール(nayami(at)sci.hokudai.ac.jp)で,電話相談の予約をおこなってください。メールだけでの相談も受け付けています。カウンセラーの先生が必要だと判断した場合には,感染対策を講じた上で,面接をおこなう場合もあります。まずは,メールや電話で相談してください。詳細は,https://www2.sci.hokudai.ac.jp/counseling#ss01 をご覧ください。

 

6.体調が優れない場合などの連絡について

  • 体調が優れない場合,または新型コロナウイルス感染症に感染していると診断された,感染が疑われる,濃厚接触者に指定されたなどの場合には,必ず以下に連絡してください(登校はしないこと)。
    平日8:30~17:00 教務担当 011-706-2670
  • 夜間,土日祝日等に新型コロナウイルス感染症に「感染していると診断された場合」は,理学部防災センターへ速やかに連絡してください。状況に関する聞き取りのために,事務部より折り返しご連絡します。
    平日17:00~/土日祝日 終日 理学部防災センター 011-706-2660

対面授業を増やしてスタートした新学期でしたが,札幌を中心とする道内感染第4波の到来により,慌ただしくオンラインへの切り替えとなり,学生の皆さんには様々な形で負担をかけました。皆さんの忍耐強いご協力に心から感謝します。本日,大学のBCPレベルは緩和されましたが,新型コロナウイルス感染症はまだ収束したわけではなく,札幌市には引き続き「まん延防止等重点措置」が適用されています。今後は,変異株の影響による感染の再拡大も懸念されていますので,学生の皆さんは,これまでと同様に気を緩めることなく,体調管理に留意して,感染防止対策の確実な実施に努めるよう改めてご協力をお願いします。