活動紹介

北海道大学理学部同窓会は理学部卒業生(正会員)及び理学部担当の在職教員(特別会員)等によって構成され、会員相互の親睦・学問的向上・理学部の発展向上を目的に設置・運営されております。

皆様から納入いただいた同窓会費は主に

  • 大学院生の海外研究発表のための奨学金の支給
  • 優秀卒業者賞(同窓会賞)の授与

として、利用され、学生支援のための貴重な財源となっております。

大学院生の海外研究発表のための奨学金の支給

大学院に在学する理学部同窓会会員(会費納入者)が海外で開催される学会・国際会議に出席して、研究発表する場合に渡航費用の一部として、1人当たり10万円を限度として支給するものです。

平成16年度から始まり、すでに91名の大学院生が受給し、海外で発表が行われました。帰国後は報告書を提出し、同窓会誌に発表レポートを掲載、またホームカミングデーでの発表も行われています。

優秀卒業者賞(同窓会賞)の授与

毎年、3月の理学部卒業生のうち、当該分野において、最も将来性が期待される者を学科ごとに1名表彰するものです。

平成25年度から始まり、すでに30名の卒業生が表彰楯と記念品を授賞しています。

北海道大学ホームカミングデー・通常総会の開催

「北海道大学ホームカミングデー」は、同窓生・元教職員の皆様、在学生のご家族の皆様をキャンパスにお招きして交流を深めていただくと共に、魅力あふれる「いまの北海道大学」をご紹介し、本学のサポーターになっていただきたいという願いを込めて開催しております。

理学部同窓会は通常総会をこの日に合わせて開催しております。通常総会終了後は出身学科の教員の案内により、研究室見学、現役学生・教員との懇談会に参加、その後、理学部と同窓会合同の交流会が開催しております。