研究者情報

坂口 和靖

教授

SAKAGUCHI Kazuyasu

生命原理を解明し、応用する

化学部門 有機・生命化学分野

basic_photo_1
研究テーマ

『癌抑制タンパク質p53の多量体形成・翻訳後修飾を介した機能制御と進化』
『脱リン酸化酵素PPMファミリーによる生命現象の制御機構の解明』
『自己組織化生命分子を構造制御素子としたナノマテリアルの創成』

研究分野生物化学, 機能生化学, 構造生化学, 分子生物学, 細胞生物学, タンパク質科, ペプチド科学
キーワード癌抑制タンパク質, 細胞周期, 細胞分化, 癌, 進化, 多量体形成, ホスファターゼ, リン酸化・脱リン酸化, 抗癌剤, バイオナノマテリアル

研究紹介

『癌抑制タンパク質p53の多量体形成・翻訳後修飾を介した機能制御と進化』
癌抑制タンパク質p53は、紫外線・放射線の細胞危機ストレスに応答した際に、活性化、四量体化し、細胞周期停止やアポトーシスの誘導を介して、遺伝子の恒常性を維持しています。p53遺伝子は、悪性腫瘍細胞において最も高頻度に変異しており、p53の制御機構の理解は細胞癌化に関する研究にとって必要不可欠です。当研究室では、p53機能に必須な四量体形成および翻訳後修飾を介した制御機構、さらにp53/p63/p73ファミリーの進化の意義についても詳細な研究を進めています。

『脱リン酸化酵素PPMファミリーによる生命現象の制御機構の解明』
タンパク質の翻訳後修飾に代表されるリン酸化は様々な生命現象の制御において重要な役割を担っており、タンパク質をリン酸化するキナーゼと脱リン酸化するホスファターゼにより厳密に調節されています。リン酸化シグナルの異常は癌や神経疾患、代謝性疾患などさまざまな疾患の原因となっている事が明らかとなっており、細胞内のリン酸化制御に関わる研究は疾患の予防や治療に重要な役割を果たすと考えられます。PPM1Dに代表されるPPMファミリーは、細胞周期や細胞分化、さらに細胞応答癌などの様々な疾患に関与することが報告されています。当研究室では、PPMファミリーによる様々な生命現象の制御機構を明らかにすることを目的として、細胞内機能解明を行っています。また、抗癌剤としての展開が期待されるPPM1D阻害剤の開発を行っています。

『自己組織化生命分子を構造制御素子としたナノマテリアルの創成』
生命分子であるペプチドやDNAは、そのアミノ酸/塩基配列によって特有の立体構造を形成します。この自己組織化による構造はナノレベルで制御されています。本研究では、自己組織化生命分子を構造素子として用い、様々な機能化を行うことによる新規ナノ材料創成を目指しています。アミロイドペプチドの末端へ各種アミノ酸を付加することにより、超長鎖アミロイド繊維を形成とその高機能化に関する手法を確立しています。さらに、多量体形成ペプチドを構造素子として用いて、無機物の粒子形成を促進するバイオミネラリゼーションペプチドの配向を制御することによって、ナノ粒子の構造を制御可能であることを見出しています。

study-image-0
Sakaguchi-photo-2.jpg
study-image-1
Sakaguchi-photo-3.jpg
study-image-2
Sakaguchi-photo-4.jpg

代表的な研究業績

Oligomerization enhances the binding affinity of a silver biomineralization peptide and catalyzes nanostructure formation. Sakaguchi T., Janairo, J. I. B., Lussier-Price M. Wada J., Omichinski J.G., Sakaguchi K. Scientific reports 7: 1400 (2017)
Tetramer Formation of Tumor Suppressor Protein p53: Structure, Function, and Applications. Kamada, R., Toguchi, Y., Nomura, T., Imagawa, T., Sakaguchi, K. Biopolymers, 106, 598 (2016).
PPM1D controls nucleolar formation by up-regulating phosphorylation of nucleophosmin. Kozakai Y., Kamada R., Furuta J., Kiyota Y., Chuman Y., and Sakaguchi K. Scientific reports 6, 33272 (2016)
Formation of Functionalized Nanowires by Control of Self-Assembly Using Multiple Modified Amyloid Peptides. Sakai, H., Watanabe, K., Asanomi, Y., Kobayashi, Y., Chuman, Y., Shi, L., Masuda, T., Wyttenbach, T., Bowers, MT., Uosaki, K., and Sakaguchi, K. Advanced Functional Materials, 23, 4881 (2013).
DNA damage activates p53 through a phosphorylation-acetylation cascade. Sakaguchi, K., Herrera, J.E., Saito, S, Miki, T, Bustin, M., Vassilev, A., Anderson, C.W., and Appella, A. Genes Dev. 12: 2831-2841, 1998.

関連産業分野

医薬品, 生化学関連
学位理学博士
自己紹介

One Step Further!

学歴・職歴1983年 九州大学理学部化学科 卒業
1986年 九州大学大学院理学研究科化学専攻 修士課程修了
1989年 九州大学大学院理学研究科化学専攻 博士後期課程修了
1989年 米国国立衛生研究所、国立癌研究所、Visiting Fellow
1992年 米国国立衛生研究所、国立癌研究所、Visiting Associate
1999年 米国国立衛生研究所、国立癌研究所、Staff Scientist
1999年 九州大学大学院理学研究科分子科学専攻 助教授
2000年 九州大学大学院理学研究院化学部門 助教授(改組による)
2003年 北海道大学大学院理学研究科化学専攻 教授
2006年 北海道大学大学院理学研究院化学部門 教授(改組による)
所属学会日本生化学会, 日本化学会, 日本ペプチド学会, 日本プロテインホスファターゼ研究会, 日本ケミカルバイオロジー学会, アメリカ化学会
プロジェクトフォトエキサイトニクス研究拠点
居室理学部6号館 6-5-03室
備考

H-index: 55
i10-index: 109
Total citation: 20254
(@Feb. 1, 2019)