研究ニュース

小惑星探査機「はやぶさ2」初期分析研究成果の科学誌「Science化学分析チーム論文掲載について

小惑星探査機「はやぶさ2」プロジェクトチームでは、小惑星リュウグウ試料分析を、6つのサブチームからなる「はやぶさ2初期分析チーム」及び、岡山大学並びに国立研究開発法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)高知コア研究所の2つのPhase-2キュレーション機関にて進めています。 この度「はやぶさ2初期分析チーム」のうち「化学分析チーム」の研究成果をまとめた論文が、アメリカの科学誌「Science」に2022年6月10日付で掲載されました。

タイトル:リュウグウはイヴナ型炭素質隕石でできている
原 題:Samples returned from the asteroid Ryugu are similar to Ivuna-type carbonaceous meteorites
掲載誌:Science
DOI:10.1126/science.abn7850

 

詳細はプレスリリースをご覧ください。

 

関連ニュース:「はやぶさ2」初期分析チーム 2021年6月より試料の分析開始(2021/5/14)