研究者情報

鈴木 孝紀

教授

SUZUKI Takanori

北大から有機化学の世界一を

化学部門 有機・生命化学分野

basic_photo_1
研究テーマ

動的酸化還元系に関する研究:記録的高歪化合物創出と単一分子メモリ開発

研究分野構造有機化学, 有機化学, 物理有機化学
キーワード高歪化合物, 動的酸化還元系, エレクトロクロミズム, ジカチオン, 超結合

研究紹介

可逆な電子移動が可能な有機パイ電子系では,電子授受の前後でパイ結合次数のみが変化する。これに対しパイ系が完全には共役していない化合物群においては,シグマ結合次数が変化するプロセスを経て,より安定な有機イオン種が生成する。生じたイオン種が,逆過程によって元のパイ系を再生することができる場合があり,可逆なC-Cシグマ結合形成/切断反応が電子授受に連動して起こる化合物群は「動的酸化還元系」と名付けて体系化され、その特性を活かした研究開発が行われた。

study-image-0
カバーギャラリー ChemPlusChem
study-image-1
カバーギャラリー Molecules
study-image-2
カバーギャラリー AngewChem
study-image-3
カバーギャラリー ChemCommun
study-image-4
カバーギャラリー ChemAsianJ
study-image-5
カバーギャラリー TetrahedronLett

代表的な研究業績

Switching of Redox Properties Triggered by a Thermal Equilibrium between Closed-shell Folded and Open-shell Twisted Species
Y. Ishigaki, T. Hashimoto, K. Sugawara, S. Suzuki, T. Suzuki
Angew. Chem. Int. Ed., in press.
Hexaarylbutadiene: a versatile scaffold with tunable redox properties towards organic near-infrared electrochromic material
Y. Ishigaki, T. Harimoto, K. Sugimoto, L. Wu, W. Zeng, D. Ye, T. Suzuki
Chem. Asian J. 2020, 15, 1147-1155.
Photo- and Thermal Interconversion of Multiconfigurational Strained Hydrocarbons Exhibiting Completely Switchable Oxidation to Stable Dicationic Dyes
Y. Ishigaki, Y. Hayashi, T. Suzuki
J. Am. Chem. Soc. 2019, 141, 18293-18300.
Two-way Chromic Systems Based on Tetraarylanthraquinodimethanes: Electrochromism in Solution and Mechanofluorochromism in a Solid State
Y. Ishigaki, K. Sugawara, M. Yoshida, M. Kato, T. Suzuki
Bull. Chem. Soc. Jpn. 2019, 92, 1211-1217.
Longest C–C Single Bond among Neutral Hydrocarbons with a Bond Length beyond 1.8 Å
Y. Ishigaki, T. Shimajiri, T. Takeda, R. Katoono, T. Suzuki
Chem 2018, 4, 795-806.
basic_photo_2

関連産業分野

機能性材料, 分子デバイス
学位理学博士
自己紹介

宮城県出身です。沿岸部生まれなので水泳は得意です。冬は雪かき、夏は庭の手入れで汗をかいています。

学歴・職歴1984年 東北大学理学部化学第2学科 卒業
1986年 東北大学大学院理学研究院院化学専攻 修士課程修了
1988年 東北大学大学院理学研究院化学専攻 博士後期課程修了(年限短縮)
1988-1989年 JSPS博士研究員(東北大学)
1989-1994年 東北大学助手
1995-2002年 北海道大学助教授
2002年- 現職
所属学会日本化学会, 基礎有機化学会, 有機合成化学協会
居室理学部6号館 6-504号室