研究ニュース

「超多点」民間 GNSS 観測網による地殻変動モニタリング携帯電話事業者が運用する GNSS 観測網の地球科学への応用

【ポイント】

  • ソフトバンク株式会社が運用する独自の超多点 GNSS(注 1)観測網(全国3,300 点超)によって地殻変動の様子をこれまでにない高い空間分解能および十分な精度で把握できることを初めて実証した。 
  • 大きな地震の震源像の把握や、内陸活断層における地震発生の長期評価等、防災・減災に大きく貢献することが今後期待できる。

【概要】
 地震や火山活動にともなう地殻変動を高い精度で把握することは、現象の理解のみならず、それらの発生予測を実現する上で非常に重要です。日本では国土地理院が運用するGNSS観測網 (電子基準点、全国1,300点超)により、高い精度で地殻変動場(注2)が調べられています。その一方で、2019年11月以降、ソ フトバンク株式会社により、測位サービスの高度化を目的とした超多点(全国 3,300点超)の独自GNSS観測網(以下、ソフトバンク独自基準点)の運用が開始されました。
 東北大学大学院理学研究科の太田雄策准教授および北海道大学大学院理学研究院の大園真子准教授は、ソフトバンク独自基準点により、国土地理院の電子基準点網とおおよそ同等の精度で地殻変動を把握できることを初めて定量的に明らかにしました。この結果は、同観測網が大きな地震の震源像の把握や内陸活断層における地震発生の長期評価の高度化などに貢献しうることを示す重要な結果であり、国土地理院の電子基準点を補完する重要なインフラとして防災・減災に大きく貢献することが期待できるものです。
この研究成果は2022年2月9日に国際学術誌 Earth, Planets and Space にオンライン掲載されました。

【用語説明】
(注1)GNSS(Global Navigation Satellite System)全地球測位システム 上空を周回する GNSS から送信される電波を利用して、受信点の位置を正確に把握するためのシステム。地面に固定された受信点であれば、時間間隔をおいて計測することでその間に生じた地殻変動を三次元的に把握することができる。
(注2)地殻変動場 ある地点や領域の地殻(地面)がどの方向にどの程度動いているかを示したもの。GNSS を用いることで、日毎やそれよりも短い時間間隔で変動を調べることができる。

詳細はプレスリリースをご覧下さい。