研究ニュース

鳥類の免疫遺伝子が配偶者選択に影響寿命生涯繁殖成功と遺伝子の関係を小型フクロウ個体群の長期繁殖モニタリングから調査

(写真は、巣の雛に餌を運ぶリュウキュウコノハズク)

【ポイント】

  • リュウキュウコノハズクは免疫に関わる遺伝子MHCが異なる相手を配偶者に選択。
  • MHCによる配偶者選択には自らの仔が多くの子孫を残す可能性を高める機能。
  • 仔の世代が親の配偶者選択の間接的利益を得るかどうかを検証した世界的に貴重な実証例。

【概要】

北海道大学大学院理学院博士後期課程の澤田 明氏と同理学研究院の高木昌興教授は,国立環境研究所生物・生態系環境研究センターの安藤温子研究員と共同で,主要組織適合遺伝子複合体(MHC)に基づいた配偶者選択のメカニズムの一端を解明しました。

異性を配偶者とする場合に生じる競争,すなわち性選択において,配偶者の好みがどのように進化するかは大きな難問です。これを説明するいくつかの仮説は,後続の世代がどれだけ多くの子孫を残すことができるか,すなわち適応度の増加を想定します。MHCによる配偶者選択は,このような世代間に関連するメカニズムを伴った配偶者選択の代表です。これまでの研究では,MHCによる配偶者選択に適応的利益があることの証拠として,親自らのMHC遺伝子型と自らの適応度との関連を評価してきました。一方で,親自らのMHCによる配偶者の選択と,結果として生じる子孫の世代における適応度との関連は,野外の個体群で検証された例はほとんどありません。しかし,後続の世代がどれだけ多くの子孫を残せるかどうかが問題のため,このような子孫の世代を用いた検証はMHCによる配偶者を理解するうえでは不可欠です。

研究グループは,沖縄県南大東島に隔離され,一夫一妻で繁殖する小型のフクロウ科の一種であるリュウキュウコノハズク(Otus elegans interpositus)個体群を対象に研究を行った結果,MHCによる配偶者選択の証拠を発見しました。しかし,MHCによる配偶者選択が自身及び子孫の繁殖成功を高めるという傾向は見出されませんでした。本研究成果は,野外における鳥の個体群において,世代を超えたデータを用いてMHCによる配偶者選択の世代間間接的利益の存在を直接調査した非常に稀な実証研究です。配偶者選択による適応度増分を検証した本研究は,MHCによる配偶者選択の進化についての理解を深め,今後の研究に大きく貢献するものです。

なお本研究成果は,2020年4月13日(月)公開のJournal of Evolutionary Biologyにオンライン掲載されました。

 

詳細はプレスリリースをご覧ください。