研究者情報

福島 知宏

助教

FUKUSHIMA Tomohiro

分子と場に着目した機能化学への展開

化学部門 物理化学分野

basic_photo_1
研究テーマ

界面における分子性と場の効果に着目した機能創出

研究分野材料化学, 物理化学
キーワード有機、無機、ナノ材料, 表面・界面, 協同現象

代表的な研究業績

Revealing High Oxygen Evolution Catalytic Activity of Fluorine-Doped Carbon in Alkaline Media,
J. Kim, T. Fukushima, R. Zhou and K. Murakoshi,
Materials, 2019, 12, 211 (1-8). (Cover Picture)
Catalytic Dehydrogenative C–H Imidation of Arenes Enabled by Photo-generated Hole Donation to Sulfonimide
Eri Ito, Tomohiro Fukushima, Takahiro Kawakami, Kei Murakami and Kenichiro Itami
Chem, 2017, 2, 383-392. (Cover Picture)
Electrochemical Oxygen Reduction Catalyzed by Ni3(hexaiminotriphenylene)2
Elise M. Miner, Tomohiro Fukushima, Dennis Sheberla, Lei Sun, Yogesh Surendranath and Mircea Dincă
Nature Commun. 2016, 7, 10942 (1-7).
Graphite-Conjugated Pyrazines as Molecularly Tunable Heterogeneous Electrocatalysts
Tomohiro Fukushima, Walter Drisdell, Junko Yano, and Yogesh Surendranath
J. Am. Chem. Soc., 2015, 137, 10926-10929. (JACS Spotlight)
Solid Solutions of Soft Porous Coordination Polymers: Fine-Tuning of Gas Adsorption Properties
Tomohiro Fukushima, Satoshi Horike, Yasutaka Inubushi, Keiji Nakagawa, Yoshiki Kubota, Masaki Takata, and Susumu Kitagawa
Angew. Chem. Int. Ed., 2010, 49, 4820-4824. (Cover Picture)

関連産業分野

化学
学位博士(工学)
学歴・職歴2009年 京都大学工学部工業化学科卒業
2011年 京都大学大学院合成・生物化学専攻 修士課程修了
2014年 京都大学大学院合成・生物化学専攻 博士後期課程修了
2014年 京都大学物質ー細胞統合拠点 博士研究員
2014-2016年 マサチューセッツ工科大学 日本学術振興会海外特別研究員
2016年-2017年 JST-ERATO伊丹分子ナノカーボンプロジェクト 博士研究員
2017年- 現職
所属学会日本化学会, 分子科学会, 電気化学会, 日本核磁気共鳴学会, 応用物理学会
居室理学部6号館 7-09室
basic_photo_1

所属・担当