研究者情報

川崎 教行

助教

KAWASAKI Noriyuki

太陽系の起源と進化

地球惑星科学部門 地球惑星システム科学分野

basic_photo_1
研究テーマ

隕石の分析から,太陽系形成当時の環境や現象をひもとく努力をしています

研究分野宇宙化学, 地球化学, 惑星科学, 年代学
キーワード隕石, 太陽系, 同位体, 年代測定, 二次イオン質量分析法, 電子顕微鏡

研究紹介

小惑星から地球にやってきたコンドライト隕石には,約46億年前の太陽系形成当時の物質が含まれており,当時の情報が記録されています。コンドライト隕石に含まれる,難揮発性包有物やコンドリュールと呼ばれる構成物を,電子顕微鏡や二次イオン質量分析法を用いて,成因や同位体組成などを解析・測定し,太陽系形成当時の環境や現象の復元を行っています。

代表的な研究業績

Kawasaki N., Wada S., Park C., Sakamoto N. and Yurimoto H.
(2020) “Variations in initial 26Al/27Al ratios among fine-grained Ca-Al-rich inclusions from reduced CV chondrites” Geochimica et Cosmochimica Acta, 279, 1–15.
Wada S., Kawasaki N., Park C. and Yurimoto H.
(2020) “Melilite condensed from an 16O-poor gaseous reservoir: Evidence from a fine-grained Ca-Al-rich inclusion of Northwest Africa 8613” Geochimica et Cosmochimica Acta, 288, 161–175.
Zhang A.-C., Kawasaki N., Bao H., Liu J., Qin L., Kuroda M., Gao J.-F., Chen L.-H., He Y., Sakamoto N. and Yurimoto H.
(2020) “Evidence of metasomatism in the interior of Vesta” Nature Communications, 11 (1), 1–7.
Kawasaki N., Park C., Sakamoto N., Park S. Y., Kim H. N., Kuroda M. and Yurimoto H.
(2019) “Variations in initial 26Al/27Al ratios among fluffy Type A Ca-Al-rich inclusions from reduced CV chondrites” Earth and Planetary Science Letters, 511, 25–35.
Kawasaki N., Simon S. B., Grossman L., Sakamoto N. and Yurimoto H.
(2018) “Crystal growth and disequilibrium distribution of oxygen isotopes in an igneous Ca-Al-rich inclusion from the Allende carbonaceous chondrite” Geochimica et Cosmochimica Acta, 221, 318–341.
学位博士(理学)
自己紹介

山口出身です。

学歴・職歴2010年 北海道大学理学部 卒業
2012年 北海道大学大学院理学院自然史科学専攻 博士前期課程修了
2015年 北海道大学大学院理学院自然史科学専攻 博士後期課程修了
2015-2016年 日本学術振興会 特別研究員PD(北海道大学)
2016-2018年 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所 宇宙航空プロジェクト研究員
2018年- 現職
所属学会日本地球化学会, Meteoritical Society, 日本地球惑星科学連合
居室理学部6号館 8-02室