研究者情報

徂徠 和夫

准教授

SORAI Kazuo

銀河の進化を観測から明らかに

物理学部門 非線形物理学分野

basic_photo_1
研究テーマ

星間ガスと星生成の観点を中心に銀河の進化を観測的に研究.また,南極テラヘルツ望遠鏡プロジェクトにも参加.

研究分野銀河天文学
キーワード銀河, 星間ガス, 星生成, 銀河進化, 観測天文学, 南極天文学

研究紹介

銀河がどのようにして星間ガスから恒星を生成しながら進化してきたのかということを観測から明らかにすることを目指しています.銀河は星と星間物質の集団で,太陽系が含まれている銀河系(天の川銀河)もその一つです.その形状は,銀河系やそのお隣のアンドロメダ銀河のように渦巻型をしたものもあれば,楕円形をしたような形状のもの,また,不規則な形状なものなど様々です.また,孤立して存在する銀河と集団を成して存在する銀河では異なる性質があることもわかっています.このような銀河の多様性がどのようにして生じたのかということを明らかにすることは,銀河の形成と進化を理解する上で不可欠です.私は,近傍の銀河(現在の宇宙の銀河)の中で,星の材料となる星間ガスがどのように分布し,どのような運動をし,どのような密度や温度といった物理状態になっているのか,その結果として,星がどの程度生成されるのかということを観測から調べています.ここ数年間は,国立天文台野辺山宇宙電波観測所の直径45 mの電波望遠鏡を使って,近傍銀河の分子ガス(星間ガスのうち温度の低い成分)の大規模な撮像観測プロジェクト (CO multi-line imaging of nearby galaxies = COMING) に携わってきました.(写真「COMINGプロジェクトで撮像した近傍銀河147天体のCO輝線画像.」参照)

また,上記の観測的研究と並行して,望遠鏡や観測装置の整備・開発にも携わってきました.現在は筑波大学が中心になって進めている南極大陸内陸部にテラヘルツ波を観測できる望遠鏡を建設するプロジェクトに参加しており,電波分光計やデータ解析システムの整備を進めています.

study-image-0
COMINGプロジェクトで撮像した近傍銀河147天体のCO輝線画像.白い部分ほど分子ガスが多いことを表しています.

代表的な研究業績

CO Multi-line Imaging of Nearby Galaxies (COMING) IV. Overview of the Project,
Sorai, K., Kuno, N., Muraoka, K., Miyamoto, Y., Kaneko, H., Nakanishi, H., Nakai, N., Yanagitani, K., Tanaka, T., Sato, Y., Salak, D., Umei, M., Morokuma-Matsui, K., Matsumoto, N., Ueno, S., Pan, H.-A., Noma, Y., Takeuchi, T.T., Yoda, M., Kuroda, M., Yasuda, A., Yajima, Y., Oi, N., Shibata, S., Seta, M., Watanabe, Y., Kita, S., Komatsuzaki, R., Kajikawa, A., Yashima, Y., Cooray, S., Baji, H., Segawa, Y., Tashiro, T., Takeda, M., Kishida, N., Hatakeyama, T., Tomiyasu, Y. Saita, C.,
Publications of the Astronomical Society of Japan, 2019, Vol.71, SP1, pp.S14:1-42
Properties of Molecular Gas in the Bar of Maffei 2,
Sorai, K., Kuno, N., Nishiyama, K., Watanabe, Y., Matsui, H., Habe, A., Hirota, A., Ishihara, Y., Nakai, N.,
Publications of the Astronomical Society of Japan, 2012, Vol.64, No.3, pp.51:1-10
Large-scale NH3 Observations toward the Galactic Star Forming Regions I. W 51 Molecular Clouds Complex,
Sorai, K., Habe, A., Nishitani, H., Hosaka, K., Watanabe, Y., Miwa, S., Ohishi, Y., Motogi, K., Minamidani, T., Awano, J., Sumida, S., Fukuya, Y., Uchida, R., Kaneko, N., Fujimoto, M. Y., Koyama, Y., Kimura, M., Nakai, N.,
Publications of the Astronomical Society of Japan, 2008, Vol.60, No.6, pp.1285–1296
Distribution and Kinematics of Molecular Gas in Barred Spiral Galaxies. II. NGC 253,
Sorai, K., Nakai, N., Kuno, N., Nishiyama, K., Hasegawa, T.,
Publications of the Astronomical Society of Japan, 2000, Vol.52, pp.785–802
Digital spectrometers for the Nobeyama 45-m telescope,
Sorai, K., Sunada, K., Okumura, S. K., Tetsuro, I., Tanaka, A., Natori, K., Onuki, H.,
Proc. SPIE Vol.4015, pp.86–95, Radio Telescopes, Harvey R. Butcher; Ed., 2000
学位博士(理学)
自己紹介

大阪府出身.

学歴・職歴1993年 京都大学理学部 卒業
1995年 東京大学大学院理学系研究科天文学専攻 修士課程修了
1998年 東京大学大学院理学系研究科天文学専攻 博士後期課程修了
2012年-現職
2017年-クロスアポイントメント制度により筑波大学兼務
所属学会日本天文学会, 国際天文学連合
プロジェクト国立天文台野辺山宇宙電波観測所45 m電波望遠鏡レガシープロジェクト「近傍銀河の大規模分子ガス撮像観測」
居室理学部2号館 2-316号室
basic_photo_1

所属・担当