研究者情報

高木 純平

助教

TAKAGI Junpei

植物細胞小器官のダイナミクス

生物科学部門 形態機能学分野

basic_photo_1
研究テーマ

細胞小器官の動態から探る植物の環境適応

研究分野植物生理学, 細胞生物学
キーワード環境応答, 翻訳後修飾, オルガネラ, 膜交通・小胞輸送, ライブセルイメージング

研究紹介

植物や動物などの真核生物の細胞内には,膜によって囲まれた多様な構造体が存在します.これらの構造体は細胞小器官(オルガネラ)と呼ばれ,それぞれに固有の代謝機能を担っています.オルガネラの恒常性の維持に重要な役割を果たすのが,膜交通と呼ばれる物質輸送システムです.植物は,様々な環境ストレスに応答して,膜交通システムを制御し,細胞小器官を柔軟に変化させながら生きています.私たちは,ライブセルイメージング技術や生化学的手法を活用することで,環境変化に対する細胞小器官や膜交通システムの動態を解き明かし,植物の柔軟な環境適応戦略を理解することを目指しています.また同時に,植物の一生を通じて,細胞小器官がどのように維持されているのかということにも興味を持って研究を行っています.

study-image-0
植物の細胞小器官
study-image-1
シロイヌナズナ子葉表皮細胞の小胞体(マゼンタ)とゴルジ体(緑)
study-image-2
小胞体上の輸送小胞形成ドメイン(緑)と輸送小胞の目的地であるゴルジ体(マゼンタ)の相互作用

代表的な研究業績

Dynamic Capture-and-Release of Endoplasmic Reticulum Exit Sites by Golgi Stacks in Arabidopsis (2020) Takagi J., Kimori Y., Shimada T., Hara-Nishimura I. iScience. 23(7):101265.
A Golgi-Released Subpopulation of the Trans-Golgi Network Mediates Protein Secretion in Arabidopsis (2019) Uemura T., Nakano R. T., Takagi J., Wang Y., Kramer K., Finkemeier I., Nakagami H., Tsuda K., Ueda T., Schulze-Lefert P., Nakano A. Plant Physiol. 179(2):519-532.
Plant Vacuoles (2018) Shimada T., Takagi J., Ichino T., Shirakawa M., Hara-Nishimura I. Annu. Rev. Plant Biol. 69:123-145.
MAIGO5 Functions in Protein Export from Golgi-Associated Endoplasmic Reticulum Exit Sites in Arabidopsis (2013) Takagi J., Renna L., Takahashi H., Koumoto Y., Tamura K., Stefano G., Fukao Y., Kondo M., Nishimura M., Shimada T., Brandizzi F., Hara-Nishimura I. Plant Cell. 25(11):4658-75.
MAG4/Atp115 is a Golgi-Localized Tethering Factor that Mediates Efficient Anterograde Transport in Arabidopsis (2010) Takahashi H., Tamura K., Takagi J., Koumoto Y., Hara-Nishimura I., Shimada T. Plant Cell Physiol. 51(10):1777-87.
学位博士(理学)
学歴・職歴2014年 京都大学大学院理学研究科生物科学専攻 博士後期課程 修了
2014年 京都大学大学院理学研究科生物科学専攻 特定研究員
2015年 日本学術振興会特別研究員PD (東京大学大学院理学系研究科)
2017年 甲南大学理工学部生物学科 特任研究助教
2020年- 現職
所属学会日本植物生理学会
居室理学部5号館 5-710号室
basic_photo_1

所属・担当