教員

RNAから迫る植物の環境適応機構と生存戦略

千葉 由佳子准教授/CHIBA, Yukako

形態機能学系
研究分野
植物分子生物学
研究テーマ
RNAから迫る植物の環境応答機構と生存戦略

植物は様々な環境変化の下で生育しており,移動という手段により回避することができない分,それらに迅速かつ巧妙に対処しなければなりません。これには様々な遺伝子の発現調節を伴いますが,これまでの研究のほとんどはmRNA合成の段階である転写制御に注目して行われてきました。しかしながら,実際の細胞内のmRNA量は合成と分解のバランスにより調節されています。我々はmRNA合成と分解の両方の制御機構を理解することによって,遺伝子発現における植物の持つ巧妙な環境応答機構を明らかにすることを目指しています。

メッセージ

私はDNAに刻まれた遺伝情報の発現がどのように制御されて,多彩な生命現象を支えているのかを明らかにしたいと思い研究を始めました。我々の研究室では,分子遺伝学・生理生化学的研究などの多彩な手法が可能な植物を研究対象とし,特に転写後調節に着目した分子レベルの研究を進めています。目には見えないミクロの世界の研究ですが,植物の環境応答機構の研究は将来的には過酷な環境に耐えうる食物の作成にもつながり得るものであると考えています。

参考文献

  • Chiba, Y., Mineta, K., Hirai, Y. M., Suzuki, Y., Kanaya, S., Takahashi, H., Onouchi, H., Yamaguchi, J., and Naito, S. Changes in mRNA stability associated with cold stress in Arabidopsis cells. Plant Cell Physiol., 54: 180-194 (2013)
  • Tanaka, M., Takano, J., Chiba, Y., Lombardo, F., Ogasawara, Y., Onouchi, H., Naito, S. and Fujiwara, T.: Boron-Dependent Degradation of NIP5;1 mRNA for Acclimation to Excess Boron Conditions in Arabidopsis. Plant Cell,23: 3547-3559 (2011)
  • Chiba, Y. and Green, P.J.: mRNA degradation machinery in plants. J. Plant Biol., 52: 114-124 (2009)
  • Chiba, Y., Johnson, M.A., Lidder, P., Vogel, J.T., Van Erp, H., Green, P.J: AtPARN is an essential poly(A) ribonuclease in Arabidopsis. Gene, 328: 95-102. (2004)
  • Chiba, Y., Ishikawa, M., Kijima, F., Tyson, R.H., Kim, J., Yamamoto, A., Nambara, E., Leustek, T., Wallsgrove, R.M. and Naito, S: Evidence for autoregulation of cystathionine γ-synthase mRNA stability in Arabidopsis. Science, 286: 1371-1374 (1999)
ウェブサイト

CHIBA LAB

所属研究院

大学院理学研究院
生物科学部門
形態機能学分野

担当大学院

生命科学院
生命科学専攻
生命システム科学コース

連絡先

理学部5号館7階702号室
Email: yukako [atmark] sci.hokudai.ac.jp
TEL: 011-706-2744
FAX: 011-706-2744

オフィスアワー

講義や実習について質問がある場合、また研究室の見学を希望する場合に、教員を直接訪問できます。


訪問受入時間: 随時


オフィスアワー日時でもなるべく事前連絡をお願いします

教員一覧