研究者情報

堀口 健雄

教授

HORIGUCHI Takeo

原生生物の多様性と進化を探る

生物科学部門 多様性生物学分野

basic_photo_1
研究テーマ

渦鞭毛藻類を中心とした藻類や原生生物の多様性や系統の解明および葉緑体の共生進化に関する研究

研究分野藻類学, 原生生物学, 分類学, 分子系統学, 微細構造学
キーワード渦鞭毛藻類, 微細藻類, 分類学, 原生生物, 電子顕微鏡, 分子系統, 細胞内共生, 葉緑体進化

研究紹介

藻類・原生生物の世界は実に多様である。そしてこの多様性は未だに十分に解明されているとは言えないのが現状である。私たちの研究室では,単細胞生物の中でも主に渦鞭毛藻類という仲間の研究を行っている。一言で渦鞭毛藻と言っても実に多様で,私たちの研究対象は,外洋性の従属栄養種,寄生性種,タイドプール種,淡水産種,底生性種などの多岐にわたっている。基本は,自らフィールドに出かけてサンプリングをおこない新種などを発見し多様性の解明に貢献する。それだけでも十分に魅力的な分野であるが,実際にはそれらの生物を詳しく調べて個々の種の進化のシナリオを明らかにすることも研究の醍醐味である。また,生物同士の進化的関係に基づいて分類系の見直しもおこなう。さらに,渦鞭毛藻類では葉緑体の二次的獲得,三次的獲得,盗葉緑体現象,葉緑体の二次的消失などの現象が見られることから,葉緑体進化の研究対象としても魅力的なグループである。私たちはこれらの葉緑体や細胞内共生にまつわる現象も研究対象としている。

study-image-0
底生性渦鞭毛藻Peridinium quinquecorne (= Blixaea quinquecornis)の操作電子顕微鏡像。左;腹面観,右:背面観
study-image-1
底生性渦鞭毛藻Bispinodinium angelaceum。亜熱帯の海底36メートルから採取した新属新種。左:光学顕微鏡像,右:蛍光顕微鏡像(葉緑体の自家蛍光)

代表的な研究業績

Marine benthic dinoflagellates - unveiling their worldwide biodiversity. Mona Hoppenrath, Shauna A. Murray, Nicolas Chomérat and Takeo Horiguchi,Kleine Senckenberg-Reihe 5X, 274pp. Stuttgart. (2014) Book
Identification of highly-divergent diatom-derived chloroplasts in dinoflagellates, including a description of Durinskia kwazulunatalensis sp. nov. (Peridiniales, Dinophyceae). Norico Yamada, Stuart D. Sym and Takeo Horiguchi, Molecular Biology and Evolution.
Kleptochloroplast enlargement, karyoklepty and the distribtuion of the cryptomonad nucleus in Nusuttodinium (=Gymnodinium) aeruginosum (Dinophyceae). Ryo Onuma and Takeo Horiguchi, Protist 166: 177-195. (2015)
Bysmatrum austrafrum sp. nov. (Dinophyceae) a novel tidal pool dinoflagellate from South Africa. Mahmutjan Dawut, Stuart D. Sym, Shoichiro Suda and Takeo Horiguchi, Phycologia 57(2): 169-178. (2018)
Capter 16. Diversity and phylogeny of marine parasitic dinoflagelaltes. Takeo Horiguchi, In Susumu Ohtsuka, Toshinobu Suzaki, Takeo Horiguchi, Noritoshi Suzuki and Fabrice Not: Marine Protists - Diversity and Dynamics. Springer Japan, Tokyo. 397-419. (2015) Book chapter
学位理学博士
学歴・職歴1979年 筑波大学生物学類 卒業
1984年 筑波大学生物科学専攻博士課程修了
1984-1985年 学振特別研究員
1985-1987年 University of Natal(南ア)博士研究員
1987-1988年 University of the Witwatersrand(南ア)博士研究員
1988-1993年 信州大学教育学部
1993年-    北海道大学
所属学会Japanese Socieety of Phycology, International Phycological Society, Phycological Society of America
居室理学部5号館 5-609