研究者情報

蓬田 清

特任教授

YOMOGIDA Kiyoshi

地震波伝搬で様々な現象の解明

地球惑星科学部門 地球惑星ダイナミクス分野

basic_photo_1
研究テーマ

複雑な不均質性を持つ地震波の励起・伝搬の理論的・数値的な新しい手法を開発し、地震だけでなく多少な現象の解明を試みる

研究分野地震学, 地球内部構造, 地球ダイナミクス, 数値計算, 波形解析
キーワード地震, 火山, 地球内部構造, 散乱・減衰, 津波, 弾性理論, 地すべり, データ解析

研究紹介

 地球内部の構造、とりわけ浅部は不均質性が強く複雑であり、観測された地震波形記録は未だに十分な定量的な説明がなされていない例が多い。弾性理論の基礎から、そのような多様なデータの特徴を考察する。とりわけ1Hz以上の高周波数帯域の記録は、地殻・上部マントルの微細な不均質性による散乱・減衰の影響を強く反映しており、地震活動にも影響を与える。それらを構成物質の物性という基礎から、地盤特性や緊急地震速報といった実用までの内容を考える。高周波地震波の励起・伝搬は、火山性地震や地すべりなど多様な現象の定量化にも最近は深く関係している(図「地すべりからの地震記録」「地すべりの移動」参照)。また、波動伝搬の応用として、海底観測網からの新しい記録について、津波の励起・伝搬を定式化・観測データの解釈を行なっている。また、2011年東北沖地震などの沈み込み帯での超巨大地震・津波の発生について、その多様性を新たな視点から検証している(図「東北沖地震の特徴」参照)。また、質量的に刷新されて続ける地震観測記録について、その特徴を生かす解析手法の開発を続け、重要なテーマに実践している。

study-image-0
2013年10月16日未明の台風26号に伴う大雨による伊豆大島・元町の東側山麓から大規模な地すべりに伴う、島内の地震観測点で波形記録
study-image-1
高周波数成分の振幅より、地すべりの震源と思われる位置を5秒間ずつ求めると(図下、☆から★へ)、下流の東側へ時速数十キロ程度での移動が推定
study-image-2
普段の地震活動がない海溝付近で2011年東北沖地震は大きく滑り(図右)、他のM9クラスの超巨大地震と比較すると(図左)、海溝軸に垂直なセグメントが新たな特徴と判明

代表的な研究業績

Yomogida, K., K. Yoshizawa, J. Koyama, and M. Tsuzuki, Along-dip segmentation of the 2011 off the Pacific coast of Tohoku Earthquake and comparison with other megathrust earthquakes, Earth Planets Space, 63, 697-701. 2011.
Ogiso, M., and K. Yomogida, Estimation of locations and migration of debris flows on Izu-Oshima Island, Japan, on 16 October 2013 by the distribution of high frequency seismic amplitudes, J. Volcanology Geotherm. Res., 298, 15-26. 2015.
Sato, A., and K. Yomogida, Quick Estimation of Wavefield by Neumann-type Extrapolation for a New Earthquake Early Warning System, Proc. ECGS & ESC/EAEE Joint Workshop, 31, 59-73, 2016.
都筑基博、小山順二、A.R. Gusman, 蓬田清, 1906 年 Ecuador・Colombia 巨大地震の 地震および津波規模の再評価, 地震, 69, 87-98, 2017.
学位Ph.D.
学歴・職歴1980, B.S., University of Tokyo
1982, M.S., University of Tokyo
1985, Ph.D., Massachusetts Institute of Technology
1985-1986, Resarch Fellow, California Institute of Technology
1986. Acting Assistant Professor, Stanford University
1987-1989. Assistant Professor, Stanford University
1990-1998, Associate Professor, University of Hiroshima
1998-present, Professor, Hokkaido University
居室理学部8号間 312号室