研究者情報

南本 大穂

助教

MINAMIMOTO Hiro

局所界面における化学反応を極限的に制御する

化学部門 物理化学分野

basic_photo_1
研究テーマ

ナノ構造制御による電気化学反応の超高効率化

研究分野電気化学, 界面化学, 光電気化学
キーワード水素発生反応, 光電変換電極, プラズモニック化学

代表的な研究業績

Spatial Distribution of Active Sites for Plasmon-Induced Chemical Reactions Triggered by Well-Defined Plasmon Modes, H. Minamimoto, T. Toda, K. Murakosh, Nanoscale, 13, 1784-1790 (2021)
Surface-Enhanced Raman Scattering Probe for Molecules Strongly Coupled with Localized Surface Plasmon under Electrochemical Potential Control, H. Minamimoto, F. Kato, K. Murakoshi, Journal of Raman Spectroscopy, 52, 431-438 (2020)
Ultra-Fine Electrochemical Tuning of Hybridized Plasmon Modes for Ultimate Light Confinement, S. Oikawa, H. Minamimoto, A. Ohnuki, K. Murakoshi, Nanoscale, 12, 11593-11600 (2020)
Plasmon-Induced Hydrogen Evolution Reaction on p-Type Semiconductor Electrode with Ag Nanodimer Structures, D. Sato, H. Minamimoto, K. Murakoshi, Chem. Lett., 49, 806-808 (2020)
In-situ Observation of Isotopic Hydrogen Evolution Reactions using Electrochemical Mass Spectroscopy to Evaluate Surface Morphological Effect, H. Minamimoto, R. Osaka, K. Murakoshi, Electrochimica Acta, 304, 87-93 (2019).
学位博士(工学)
学歴・職歴2010年 同志社大学工学部 卒業
2012年 大阪大学大学院工学系研究科応用科学専攻 博士前期課程 修了
2015年 大阪大学大学院工学系研究科応用科学専攻 博士後期課程 修了
2015年ー 現職
所属学会日本化学会, 電気化学会, 光化学協会, 応用物理学会, ナノ学会
居室理学部6号館 7-09室