研究者情報

跡部 発

准教授

ATOBE Hiraku

保形表現を用いての整数論へのアプローチ

数学部門 数学分野

basic_photo_1
研究テーマ

保型形式のリフティングと保型表現の分類

研究分野保型表現論
キーワード保型表現, 保型形式のリフティング, Langlands対応

研究紹介

保型形式とは豊富な対称性を持つ関数であり、L-関数の解析接続や関数等式など、多くの整数論的な情報を引き出すことができる。
私は保型形式のなす表現である保型表現を研究している。
古典群の保型表現の分類であるArthur分類は非常に難しい。
私の研究の主な目的は、保型形式のリフティングを用いて、このArthur分類をより詳しく調べることである。

代表的な研究業績

H. Atobe and W. T. Gan,
Local theta correspondence of tempered representations and Langlands parameters.
Invent. Math. 210 (2017), no. 2, 341–415.
H. Atobe,
On the uniqueness of generic representations in an L-packet.
Int. Math. Res. Not. IMRN 2017, no. 23, 7051–7068.
H. Atobe,
The local theta correspondence and the local Gan-Gross-Prasad conjecture for the symplectic-metaplectic case.
Math. Ann. 371 (2018), no. 1-2, 225–295.
H. Atobe, Pullbacks of Hermitian Maass lifts.
J. Number Theory 153 (2015) 158–229.
H. Atobe and W. T. Gan,
On the local Langlands correspondence and Arthur conjecture for even orthogonal groups.
Represent. Theory 21 (2017), 354–415.
学位博士(理学)
自己紹介

大阪出身です。

学歴・職歴2012年 京都大学理学部理学科 卒業
2014年 京都大学大学院理学研究科数学・数理解析専攻数学系 修士課程修了
2017年 京都大学大学院理学研究科数学・数理解析専攻数学系 博士後期課程修了
2017-2018年 東京大学大学院数理科学研究科 日本学術振興会特別研究員PD
2018年- 現職
所属学会日本数学会
居室理学部4号館 4-512