研究者情報

加藤 敦之

特任教授

KATO Atsushi

植物の生命現象を分子レベルで解析する

生物科学部門 形態機能学分野

basic_photo_1
研究テーマ

生命現象は基本的にDNAの塩基配列に規定されていると考えられてきた。しかし、DNA配列が同じでも異なる形質を示す現象がみつかり、エピジェネティックスと呼ばれている。この仕組みについて解析を進める。

研究分野植物分子遺伝学
キーワードシロイヌナズナ, 遺伝子, ゲノム, 後生遺伝, DNA修飾, クロマチン, 非翻訳型RNA

研究紹介

生物は自分を形作り、生存していくために必要な、非常に多くの遺伝情報を持っています。これらの情報は発現して始めて機能するわけですが、常に全ての情報が発現していればいいわけではありません。必要な時に、必要な場所で、必要な情報が必要な量だけ発現することが秩序ある生命活動には重要です。生物は遺伝情報を発現するまでのさまざまな段階で、どの情報を発現するかを制御しています。私たちの研究室では、この制御機構の仕組みを探っています。特に、RNA分子を使った制御機構に興味を持っています。RNAは、DNAの塩基配列を写し取り、体内で働くタンパク質を合成するための仲介役と考えられてきましたが、最近になって色々な生物で機能不明なRNA分子が見つかってきています。これらが遺伝子発現制御等を通して生命現象となんらかの関わりを持つのではと考え、その実例と仕組みを調べようとしています。

学位博士(理学)
居室理学部5号館 5-706
basic_photo_1

所属・担当