教員

行動から脳に迫る・脳から行動が分かる

松島 俊也教授/MATSUSHIMA, Toshiya

行動神経生物学系
研究分野
認知脳科学・行動生態学
研究テーマ
行動から脳に迫る・脳から行動が分かる

鳥を主な対象として、認知脳科学と行動生態学を結び付ける研究を進めています。特に採餌行動に着目して、動物の意思決定がどれほど経済原則(自己の利益を最大化すること)に従っているか、を調べています。現実には、人間を含め多くの動物の行動が、経済的な合理性から逸脱し、自らの利益を下げるように行動します。働く時には、将来の大きな(しかし不確実な)利益のために、コストを払い続けます。時には酒や薬に溺れ、直近の快楽のために死に向って突き進みます。あるいは、他者の利益のために自己の利益を犠牲にします。これらすべてに、生物学的な理由があるらしいのです。ある場合は淘汰の結果、別の場合は進化の無意味な残滓として、我々に備わったものです。鳥の行動の詳細な解析を通して、人間を含む動物一般にある普遍的な原則と、神経基盤(脳内機構)を調べています。最近は、主観的な価値の予期推定、リスクとコストの推定、他者との競争が意思決定(衝動性や労働投資)に及ぼす影響など、様々な行動と脳の関係を、主に大脳と基底核の中に探っています。

メッセージ

心とはつかみにくいものです。あなたが何を思うのか、私自身が何を考えているのか、私には本当には分かっていません。わからないままに行動をしながら、見事に世代を重ねてきたのが、動物の実相でしょう。自己の利益にならぬことへ誘う罠として、私の中に作りこまれた幻影を、「心」と呼ぶのかもしれません。目の前に可愛い子供がいる。口の中にはおいしい餌がある。この餌を吐き出して(自分自身の利益に反して)子供に与える時、動物のなかには、子供への愛情を映写するためのスクリーンが必要でした。その装置として、動物には脳という器官が備わったのかもしれません。私たちは、脳のニューロンとその回路の中に、心の映像を映し出す装置を読み取ろうと、さまざまな試みをしています。心理学も経済学も必要です。数学的な考えも、物理的な計測も必要です。むろん、生態学も進化学も学ばねばなりません。心という現象を理解するために何が必要か、日々、考えています。ご一緒にいかがですか?

参考文献

  • 「利益からの逃走-不確実な世界で生き延びるために」 (オーム社、シリーズ「移動知」 第3巻 「環境適応-内部表現と予測のメカニズム」 183-225ページ 2010年)
  • 「採餌決定の神経生態学」 (岩波書店、「科学」79巻6月号 674-677ページ 2009年)
  • 「動物にとって理(ことわり)とは何か-経済的意思決定をめぐって」 (共立出版、「動物の多様な生き方」 第4巻 「動物は何を考えているのか?」 98-122ページ2009年)
  • 「ヒヨコの経済学:予期利潤率に基づく選択」 「ブレイン・デコーディング」 (オーム社、「脳を活かす」研究会編 2007年)
  • 「脳科学は心にどこまで肉薄できるか:特集『行動から見た脳』にあたって」 (金芳堂、「脳21」特集1巻頭言 2007年 第10巻、第4号、9-10ページ)
  • 「ヒヨコの経済学:採餌効率に基づく選択」 (日本認知科学会、「認知科学」 第12巻、第3号、177-187ページ 2005年)

行動

動物の運動のみならず、感覚や記憶・学習、動機づけなども含みます。たとえば、摂食行動は、餌からの刺激を受けて、その特徴を抽出することに始まり、記憶・動機づけ・状況判断などに基づいて、どのような補食行動をとるかについて選択・決定・指令・実行などが統合されることで、はじめて動物個体の行動として発現します。

人間や動物の行動を扱う学問分野は、実に多様です。心理学・経済学・倫理学・認知科学・動物行動学・行動生態学まで、連続した学問領域として理解し、学んでいく必要があります。(松島俊也)

閉じる

認知

「赤くて丸い物がある・・・これは、見たことがある・・・リンゴだ!」と気づいたなら、あなたは目の前の物体を記憶の何かと対応付けたことになります。これが認知です。「何を見せたか」、ではありません。それを「どう見たのか」、を問題にします。(松島俊也)

閉じる

認知の進化

鳥たちと我々人間は約3億年前に枝分かれしました。その後の長い時間をかけて、二つのグループの動物はそれぞれ、複雑な社会と大きな脳を発達させました。彼らは我々とどこまで同じものを共有しているでしょうか?何が根源的に異なっているでしょうか?(松島俊也)

閉じる

心の器官です。しかし、脳はそれだけでは心の機能を生み出すことはできません。身体や外界との長く密接な相互作用を繰り返しながら、脳はゆっくりと世界の中に組み込まれて、「心」という現象を作り上げていきます。(松島俊也)

神経細胞が集まり神経の働きの中心として機能する神経系の部位を指しますが、動物行動(ヒトも含めて)を制御するのは、脳だけではありません。脊椎動物ならば脊髄、無脊椎動物ならば胸部・腹部神経節など、脳以外の中枢神経系を構成する部位も重要な働きをしています。

閉じる

ウェブサイト

Matsushima Laboratory of Ethology and Cognitive Neuroscience

所属研究院

大学院理学研究院
生物科学部門
行動神経生物学分野

担当大学院

生命科学院
生命科学専攻
生命システム科学コース

扱っている生き物
お知らせ
連絡先

理学部5号館9階913号室
Email: matusima [atmark] sci.hokudai.ac.jp
TEL: 011-706-3523
FAX: 011-706-3523

オフィスアワー

講義や実習について質問がある場合、また研究室の見学を希望する場合に、教員を直接訪問できます。


訪問受入時間: 随時


事前連絡があればオフィスアワー日時以外も可能

教員一覧